自然栽培全国普及会 関東ブロック大会のご報告

自然栽培全国普及会の関東ブロック大会が8月25・26日に
群馬県で
開催されました。いつもお世話になっている
松島自然菜園さん、橋本農園さん、
福田農園さん、タンポポ農園さんが
パネルディスカッション、
圃場見学の会場に選ばれ、貴重な経験を
することができました。

食材店を始めた時から共に歩んで来た、私たちにとって
心強い同士である
地元の農家さんたち。自然の中で土に向き合う
彼らの苦労や喜び、
そしてゆるやかに、確かに進む姿に
心の中では涙が止まりませんでした。そして、それと

同時に、私たちもあらたな覚悟を持ちました。


橋本農園の自家採種長ネギ。
ネギの向こうは土づくりのための作物を栽培。積極的に土に向き合う姿勢が
随所に垣間みられました。今は畑に立っているときが何よりいい時間だそう。


土を掘って作土(作物の栽培できる状態の土)の深さを測ります。
温度、固さはどうか。土の中のどこに作物の自然な生長をさまたげるもの
(過去に入れた化学、有機肥料、堆肥、農薬等)があるかをさぐる手がかり
になります。雨のなか、スタッフさんたちが頑張って下さっています!


福田農園の金ごま。元気に育っています!


福田農園の田んぼ
『上州』という品種の野性的な草のような美しさにみなさん「おお~」っと歓声。

また、サンデールームの星野も流通としての今までの取り組みを
お話し
させていただき、はじめてのことでどうなるかどきどきでしたが、
この機会にスタッフ一同今までの振り返りや思いの共有を重ねることが
出来、これも本当にいい機会をいただけたと思います。

そして、全国からのたくさんの参加者の皆さん。本当に熱心ですごい!
知識も経験も積み重ねた素晴らしい農家さん、そのご家族、
これから自然にそった農業を始めたい方、その途中で迷っている方も、
支えてくれるお店や消費者の方も様々な立場の方々が集まる会でした。

このような素晴らしい取り組みに力を注いでくださっている
自然栽培普及会事務局および、
ナチュラル・ハーモニーの皆様、
心から感謝申し上げます。ここまで真摯に土、農、人に向き合う
流通があることは未来への希望です。

地元農家さんの自然栽培の食材を持ち込み、お料理して下さい!
というオファーを快く
受け入れて下さった音羽倶楽部の料理長様、
スーパートミー様。

何度も細
かなやり取りを続けてくださり、またあたたかいお心と
プロのお仕事ぶりに、お店を運営している私たちにとって
たくさん見習わなければならないことがありました。
本当にありがとうございました。

濃い2日間で感じたことは言葉では表せないもどかしさがありますが
これからの行動をとおして、皆さんに還元していきたいと思います。
これまでの繋がりと新しい繋がりが自然の流れにそって豊かに
さらなる広がりとなっていきま
すように。
本当にありがとうございました。

福島つきみ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です