3/10 ロギールさんの紙漉ワークショップ

3月のとっておきの催しです。
高知から紙漉職人ロギールさんがやってくる!

植物ときれいなお水と太陽の光、
そして人の手から生まれる
日本の素晴らしい本来の和紙を
復活させてくれた方。

photo:05


柿渋染めのエプロンがお似合いのロギールさん

紙漉の時間も、ロギールさんのお話も
ふわっと優しく、美しく、わくわくする。
とびきりの時間です。

たくさんの皆様のご参加をお待ちしております。

~畑から生まれる~ロギールさんの紙漉ワークショップ
日時 3/10(日)10:00-15:00
午前 和紙と自然、地域とのつながりについてのお話
午後 紙漉き体験
会場 サンデールーム2階
会費 6000円(材料費・昼食代含む)

予約・問い合わせ
サンデールーム 027-231-5600
(水曜日~土曜日11:30-18:00)

こちらは昨年スタッフが参加したWSの模様(会場はナチュラル&ハーモニックプランツさん)

ロギールさんが栽培された楮(コウゾ)、紙の原料です。

photo:01


木の皮や石や砂で紙に色をのせていきます。

photo:02


花や葉など好きな植物もそっとのせて・・楽しい

photo:03



自然の色はこんなにきれい・

作る過程で一切の薬品を使わないロギールさんの紙づくりは
命が宿っているよう。
出来上がった自分の紙は宝物・・・

photo:04


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。