海からの恵み、山の恵み

サンデー日記 サンデー日記

日本の海からの恵み、お塩とひじき販売しています。

前橋に住んでいると海は遠く、あまり親しみがないけれど、

当たり前のように私たちの食生活は海の恩恵を受けている。

改めて海の環境を意識するここ数日、自分の視野が狭かったことに

気づくと同時に、「おいしいものを食べたい」そのためには、

日々、その時々の選択が全てつながっていることを知る。

海の晶という海の精の青ラベルは日本ではめずらしい天日塩で、

釜で煮詰めるのではなく、干して乾燥させているので甘みを感じ、

苦みが少ない。少しお値段が張りますが、とてもおいしい塩。

シンプル料理は塩で味が決まります。テーブル塩に大変おすすめ。

伊豆のひじきも再び入荷。

海草が最近人気で忙しいよ~と言いながらも、せっせと袋詰めして

すぐに送るよって、いつものおばちゃんの明るい声。

おいしいんですよ、このひじき。

ひじきは煮ものと決めつけないで、炒め物などに気軽に使ってみるのも

現代の食生活にはあうだろうな・・・油とも相性がよい食材です。

サンデー日記

秋山農園のかき菜。

家ではまとめて茹でてタッパーに保存して食べています。

1週間くらいは十分に持ちます。傷まない。

すごい生命力だとつくづく思う。農薬で病気や虫を防いだり、

肥料をたっぷり与えたかき菜ではこうも日持ちはしないだろう。

基準値という、誰かの都合によって簡単に変えられてしまうような

数値に左右され、生命力のあふれる旬の野菜を食べることを

躊躇するのはもうやめよう。野菜本来の力を信じよう。

今起きていることの答えは誰も知らない。

自分で食べて元気になったか、調子はどうか、おいしいか、

そんなことが答えなのかもしれない。

「今は小麦の世話があってね。今年は大豆を今までよりもいっぱい

植えるよ」という秋山さんや、

「山の椎茸をたくさん干して、干し椎茸にするんだ」という宮田さん。

何があっても、今までと変わらないことを続けている生産者の姿に

知らずのうちに励まされた。

秋山農園のかき菜は毎週火曜日入荷しています。

ほしい方はスタッフに声をかけてください。

北海道伊藤農園より人参(自然栽培)

桐生市宮田農園より玉ねぎと大根の間引き菜(有機栽培)

も入荷して、サンデールーム農コーナーも元気に復活です。

火~木曜日は午後5時まで、金土曜日は午後7時まで営業

どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です