沖縄やちむん展と黒糖おやつ

3月11日ー20日 沖縄やちむん展開催中です。

サンデー日記 サンデー日記
1つ1つ手にとってご覧いただけるよう1部屋を使って

ゆったりと展示しています。ゆっくりとお気に入りを見つけてくださいね。

「やちむん」とは、沖縄の方言で「焼き物」のこと。

遠い昔、中国や韓国から伝わった技術を交えながら

沖縄の風土のなかで育まれ、現在でもその活気は失われることなく

根付いています。

サンデールームでご紹介させて頂いている

読谷山焼き・北窯のやちむんは

伝統的な形と技法を最も大切に

日常で使うための器を作り続けています。

使っていてほっとするなにげなさと、

やちむんらしい存在感が共存しています。

琉球ガラスのグラスやボールも素敵なものが届いています。

再生ガラスの柔らかな透明感と手作りのゆらぎが魅力です。

サンデー日記 サンデー日記

沖縄波照間島のおいしい黒糖も入荷しています。

サトウキビの風味がたっぷり残る純黒糖。甘みも柔らかです。

原料がサトウキビ100%の「純黒糖」は

沖縄でも作っているところがどんどん減ってきていて

今ではいくつかの離島で主に作られています。

サンデー日記

こちらは黒糖サーターアンダギー。

ほんとに黒糖がおいしいので嬉しくて、いろいろなおやつに使っています。

3月20日(土)に予約販売のぼたもちにも隠し味にほんのり黒糖を。

ぜひ食べてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。