森と生きる

    サンデールームの看板のところで

                満開のサクラソウ

講演会に行きました。

テーマは「森と生きる」 内山節氏 (哲学者)

資源や水源、二酸化炭素のことといった

人間中心の視点からだけではなく、

かつては魂のかえるところとされていた森の

重要性をひしひしと感じるお話でした。

思想を東洋、西洋とわけるのではなく、

そのどちらにも権力者と村民の間の思想の違いが

存在するということに改めて気づかされました。

質疑応答も含めて約2時間半の講演は

まるで大学の講義を受けているかのようで

参加費1000円とはすごくお得。

主催されたゆいの家は4月にも別の講演会を

予定しています。ふるってご参加ください。

(詳しくはサンデールームにちらしあります)

そういえば、映画「かもめ食堂」の中で

どうしたらいいのかわからないでいる時に

「森に行けばいい」という場面ありましたね。

お花見もいいけれど

今度のお休みは近くの森へ出かけてみましょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。