旬を味わうということ

暦の上では立冬、木枯らし一号が吹くころ。


冬野菜も少しずつ入荷するようになり、

サンデールームのお昼ごはんのお皿の上の野菜も

日々変化しています。


葉つき人参も毎週、大きくなり、大きくなれば実もしっかりし、

同じ人参サラダににしても人参の密度が違うので味わいも違う。

みずみずしく、やわやわだった大根も出始めはサラダに

おいしかったのが、週を追うごとに大きく育ち、サラダよりは塩もみで、

そのうちに煮物においしい大根へと変わっていきます。


『大根の煮物』も今頃とあと1か月後のとでは全くと言って別もの。

今のはまだやわらかくみずみずしくやさしい感じで、

真冬になると、さあどうなるでしょう?

そんなことを感じながらの料理も楽しいものです。


そういえば、最近気づいたこと。

ここ数年、10年近く流行っている水菜という野菜ですが

水菜のサラダというのもよく居酒屋さんなどでも見かけるメニューです。

常々水菜に対して、歯ごたえだけで何のおいしさも感じないと思っていたのですが、

ふと最近秋山農園から届く水菜をサラダにして食べていると

しみじみとおいしくて、味わいがあって、水菜っておいしいんだなあと

思うようになりました。かつて私が食べていたのは水耕栽培の水菜で

土の力で育ったものとは全然別物だった、ということでした。


同じ野菜であっても、育て方でぜーんぜん別物になってしまうんですね。

農家さんからおいしい野菜が毎週届くので、素材の味をしっかりと

みなさんにお伝えできるように頑張らないとなー。


今週も体にやさしいお昼ごはんをよろしくお願いいたします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。