改装工事⑥ 漆喰塗り完了!


24名の方々が漆喰塗りに参加して下さいました。
おかげで3日間で完成することができました。
みなさん、もくもくと、白い壁に向き合っていて
その表情は真剣というより(もちろん、真剣ではあるのですが)
なんだか穏やかで、すっとして美しい・・

漆喰塗りのレクチャーをしてくださった左官やさんは
「みんなまるで自分の家のように真剣に塗っていて、
全員このお店の社員かと思いましたよ。」って仰っていて!
本当に素敵なチームワークが自然とうまれていく様子に、
そこに言葉や会話はほとんどないことに、感動しました。

いつもお世話になっている方、お客様、設計事務所のスタッフの方達、
お友達、家族、農家さんも!いろんな立場のいろいろな人たちが、
初めて会う人たちと一緒につくってくれた白い壁。
そうやって出来た新しいサンデールームの白い壁。

本当にありがとうございます。
新しいサンデールームは
みんなが心地よい場所を目指します。

心地よいものをと、今回使わせていただいたのは本漆喰。
原料は帆立の貝殻の灰と大麻(ヘンプ)です。


まずはこんなふうに『すさ』に使うヘンプを手で細かくほぐし、水と混ぜ
灰を入れてよく混ぜます。


「すさ」は漆喰に混ぜることで、塗りやすくしたり、壁の補強になったり
いろんな役割を持っています。

貝殻と麻と水でできた壁・・素敵です!
子どもの頃想像した家づくりみたいでわくわくが止まりません。
家は自然のもので全部出来てしまうことを体感した瞬間です。
たくさんの方が関わってくれて、さらにさらに
愛着を感じる壁になりました。

image
職人さんにレクチャーを受けた後は道具を一式借りて、
あとはみなさんと一緒に作業を進めていきます。

道具の使い方を教えてもらって・・

まずは左官やさんの塗りをみせてもらい・・
(こんなに平らに塗ることがどんなに難しいかは
のちに知ることになります!)

見よう見まねでやってみる。
やっているうちに何となくこつをつかんで
どんどん引き込まれるように夢中で塗ってしまう・・


高いはしごや足場の板なども使って
職人さん気分でわくわく・・

まかないご飯に、3時のおやつもみんなで一緒に食べて
またもくもくと壁塗り!
ひたすら壁塗りの3日間、おつかれ様でした。

みんなの壁が出来上がりました。

福島 つきみ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。