夏服展 アトリエマニス

夏服展

素材を生かした風が通りぬけるような着心地に、
美しさと軽やかさをちりばめた服たち。展示会では

3人の女性デザイナーによる、3つのブランドを
ご紹介します。

日時 6月25日~7月11日(日曜日はお休み)
   11:00~18:00   (土曜日は14:00まで)
場所 サンデールーム 2階スペース


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日は3つのブランドのうちのひとつめ、
アトリエマニスについて、ご紹介いたします。

縫製はバリ。布はインド、タイからも手仕事布、
自然布、手紡ぎ布、自然染め布を中心に選ばれ、
風合い、柄、色、すべてが魅力的です。

夏の陽射しに映える、鮮やかなカラーと
細部にほどこされた、思わず顔がほころんでしまう、
かわいらしさも、アトリエマニスならではのデザインです。

アトリエマニス
 夏の新作の紹介、バリでの暮らし、美味しいもののこと、
 はたまた建築のお話まで、アトリエマニス主宰、
 たかはしみきさんの「まめ日記」は読み応えあります!
 
 5月2日のブログではサンデールームにご来店いただいたときの
 ことも書いてくださってます。このとき、まかないごはんを
 ご一緒したのをきっかけに、食の話で意気投合し、今回の
 展示会ではバリに思いを馳せたごはんを作ることになりました。

バリからはるばる、食材たちもやってきて・・・
見た事も、食べた事もない食材を目にし、始めは
どきどき・・・ひとつずつ丁寧にさわったり、
香りをかいでみたり、味見をしたりするうちに、
ワクワクする気持ちがわいてくる、わいてくる!!

なかでも、本場のテンペの奥深い味には感動しました。
たくさん仕入れましたので、ぜひみなさまにも
食べていただきたい、食材です。

大豆を発酵させた食材です。今日は試しに素揚げにし、
甘味噌にコリアンダーとバリの紫玉ねぎをすりおろして
和えてみました。ちょうど真竹の煮ものもあったので、
一緒に和えてみました。

バリというと竹のイメージがありますが、
タケノコは食べるのかなあ?と想像しながら、
作りました。

かつて、高山なおみさんも働かれていたと噂に聞きし、
「諸国空想料理店」というお店がふと頭に浮かびました。

まだ見ぬ国、食べた事のない料理を想像しながら、
作るわけですから、感性だけが頼りです。これこそ、
食材と対話する他、方法はありません。

地元の農家さんの夏野菜も豊富に揃ってまいりました。

 

夏服展会期中、バリごはんは6月25、26、27日。
また、詳細などおってお知らせいたしますね。

星野充子

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です