地球暦ワークショップ

地球暦ワークショップ
~今日はどんな日?~

$サンデー日記

私達が日頃使っているカレンダーは「グレゴリオ暦」という暦で、日本でも明治時代から
広く使わるようになりました。一方、日本で昔から用いられていたのが、旧暦(太陰太陽暦)です。旧暦は季節にマッチした暦で、昔の人たちはこの暦を頼りに季節の仕事をしてきました。
今日、世の中のスピードが増し、自然のリズムを見失い、心身のリズムもくるいがちでは
ないでしょうか?先行き不透明な今こそ、「旧暦」、そして地球から見た太陽系の地図とも言える「地球暦」に触れて、自分自身のリズムを整えるワークショップに参加してみませんか。
お会いできるのを楽しみにしています♪♪♪

≪開催日時≫2012年11月17日(土)10時30分~15時30分

≪会  場≫サンデールーム http://www.sundayroom2000.com/
     前橋市千代田町5-4-2(JR前橋駅より、徒歩10分)
     駐車場は、近隣の有料駐車場、コインパーキングをご利用ください。

≪内  容≫午前中 地球暦のお話
      午 後 旧暦のお話~季節を感じる暮らし方~

≪参加費≫3,500円(ランチ付き)
  *ランチは、サンデールームのランチをご用意いたします。

≪お 話≫冨田貴史氏
京都府在住。全国各地で年間200回以上のイベント、ワークショップを行いながら旅を続けている。テーマは暦やエネルギーシフトなど。
主な著書「わたしにつながるいのちのために」「美しい海とわたしたちの未来」など。

≪お問い合わせ・お申込み≫ *ランチのご用意の都合上、予約制とさせていただきます。
 小沼 Tel 080-5054-2391 e-flip-flop@i.softbank.jp
鈴木 Tel 090-8871-8827 akazukin-hcc@docomo.ne.jp

**お気軽にお問合せください***

午前中は地球暦のお話
地球暦は太陽系の惑星の配置図です。月は地球の周りをおよそ1日で1周しながら地球と共に
1年で太陽の周りを1周しますが、地球より内側の軌道の惑星は、もっと短いスパンで、
逆に地球より外側の気道の惑星は、長い年月を経て太陽の周りをまわっています。
例えば、ワークショップの開催日はどんな惑星配置になっているのか?
そんなことを知ることによって、私達は季節や自然のリズムの中で
日々の暮らしているのだということを感じていただく内容です。

午後は旧暦のお話
旧暦は、明治以前に使われていた暦で、農作物を作ったり、季節ごとの暮らしの基準でした。
明治時代に入って、日本でもグレゴリオ暦が使われるようになり、
国際化社会の標準にあっているので便利ではありますが、
私達は季節感や本来の本能的感覚を失いつつあるのではないでしょうか?
結果として心身のバランスを崩したしまう人が多くなっているように思います。
そこで、旧暦について学び、冬の過ごし方について知っていただく内容です。

講師の冨田先生は、とても自然体で、スッキリとしたエネルギーを持っており、
お話を聴いているだけでスーッと謎が解け、心が軽くなるお話をしてくださいます。
「何だかよくわからないけど、なんでこうなっちゃうの?」という謎の答えが見つかるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。