刺し子教室

刺し子はもともと、東北地方に伝わる手仕事の文化。

まだ布が貴重だったころ、農閑期や仕事を終えたあとに、

女たちが古くなった布と布と縫い合わせ、

素朴で美しい模様を一針ひと針刺し、

貴重な布を丈夫で長持ちするものに仕立てていました。

日本では外国のパッチワークやキルトの方がメジャーですが、

起源はものを大事にする昔の女性たちの知恵なんですね。

そんな「素敵な知恵を少しでも受け継げたらとの、

刺し子教室が開かれることになりました。

寒さのせいか、今年は梅の花がまだ開かないと聞きますが、

藍染の布に梅の花を刺していき、食卓に花を添える、

とっておきの多目的コースターに仕上げましょう。

サンデー日記
 

写真では色味が残念ながらうまく出せませんでした。

実際の布は夜空のような、濃紺の藍色の素敵な布です。

メインのお料理の下に、お茶とお菓子の下にと

多目的に使えそうな大きさです。

サンデー日記

刺し子教室 

日時  2月24日(金) 15:00~16:30

費用  3500円 材料費込

お申し込みは18日までに

サンデールームへお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。