ブルーベリーのお菓子

8月に入り、ブルーベリーの収穫が安定しだしたので、

マフィンも作ってみました。

バターを使っていませんので、後味もさっぱり、

とってもアメリカンな大きなマフィンなのに軽く食べられます。

ルバーブでも作ってみましたが、酸味がさわやかで夏味です。

どちらも、朝食やおやつにおすすめのお菓子です。

ブルーベリータルト。

ココナッツ風味のタルト生地と豆腐クリーム、豆乳カスタードクリーム、

そしてブルーベリーのハーモニー。

パトリス・ジュリアン氏がよく言っていた言葉“texture” 

やわらかい中にあるカリカリとした部分とか

しっかりと固い中にあるとろっと溶ける感じとか、

料理やお菓子を作るときに心がけているのは “texture”

今はなきレストラン、サントルで食べたエモーショナルショコラという

チョコレートケーキはまさにそんなお菓子でした。憧れ。



“texture” 表現するには難しい感じがするけれど、

素材のハーモニーを大切にブルーベリータルトを作ります。

もうしばらく、8月中はお出しできることと思います。

どうぞお楽しみ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。