ニットカフェは毎週水曜日

この冬一番の寒さ、今日はサンデールームのニットカフェでした。

編み物アドバイザーの村上悠子ちゃんが毎回このニットカフェで

出張毛糸屋さんも開いてくれ、外は寒くも、暖かい気分になれる時間です。

思えば私も中学生時代、第一次マイブーム編み物期でした。

中学校ってマンガやゲームはもちろん、トランプも流行すると

禁止にされたりして、休み時間にすることないから、友達と廊下の

長いすに座って編み物をよくしていたな~。

当時は今よりも街に小さな手芸店がいくつかあって、かわいい糸を

見つけては手袋とかマフラー、セーターにもチャレンジしたな~。

編み物アドバイザーの村上悠子ちゃんに編み物を始めた理由を

訪ねたら「中学生特有の反抗期から」という答えでおもしろかった。

よくよく聞いてみると「私はふつうに売っているものじゃいやなのよ、

自分だけのものがほしい」みたいな気持ちが強かったそうで、

とてもクリエイティブなお方だと感じました。今でも反抗ではないけれど、

売っているものに対して、ここがもう少しこうだったら、と言う気持ちが

すごくあるって。そんな不満というか、自分の思いみたいなものから、

何かは生まれるんだよね。素敵なことだよね。

サンデー日記

今日初参加のサンデースタッフ、悠子ちゃんに一から教わって、

超大作のポンチョを編みはじめました。手触りのよいアンゴラの糸、

カタログからいろいろな糸の取り寄せなどもできます。

最近は小さな手芸店が前橋の街から姿をけしつつあるので、

糸の他、編み針や持っていると便利なおすすめ道具なども

そろっているので、初心者の方でもぜひ参加してくださいね。


サンデールームのニットカフェは毎週水曜日 2:30~5:00

1ドリンクオーダーで参加していただけます。


1月のワークショップは初心者さんにおすすめの

かぎ針で編む毛糸のおしゃれこもの作ります。

どちらも、好きな色が選べるのでうれしくて、楽しい。

詳細は店頭にあるちらし、またはスタッフまでお尋ねください。

サンデー日記

      

              スパンコールをほどこした毛糸でピアス

          もこもこした風合いのある毛糸でシュシュ




mico


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。