お日様と満月

今年の営業日も残すところわずかになりました。

第3月曜日の12月21日(月)は本来定休日ですが営業いたします。

寒さもぐっと厳しくなってきました。

体が温まるような冬野菜たっぷりのお昼ごはんをご用意してお待ちしています。

また、ご自宅用やちょっとした贈り物に喜んでいただけるよう

おいしいもの、素敵なものを並べています。

お買い物だけでもどうぞご利用下さい。

「はるな山麓 農カフェ」の岩田さんから

天日干し玄米入荷しました。

手間ひまかかる天日干しのお米は

今ではなかなか食べることが出来ない貴重なものですが

岩田さんの田んぼの周辺農家の方々は

今でもほとんどが天日干しだと聞いて驚きました。

土地にあったお米作りなのか食べておいしさにまた驚きました。

もっちりして優しいやわらかさがあり、くせのないお米の自然な香り・・・

玄米が苦手な方にもおすすめしたいお米です。

天日干し玄米2キロ 1200円 10袋限定販売・お取り置き承ります。

(農薬・化学肥料不使用、除草剤を田植え時に1回使用)

農カフェのおいしい梅干と合わせて贈り物にもどうぞ!

ご予算に応じてお作りします。お気軽にお問い合わせください。

 



今月の古本棚・満月文庫  テーマは「冬休み」

冬がモチーフの物語や、じっくり読みふけりたい長編小説など

小さな冬の図書館をイメージした本棚です。

ストーブつけて、温かい飲み物とおやつを用意して・・・

冬の読書は至福です。

(タイトルリスト)
・幻想図書館(寺山修司コレクションⅡ)/寺山 修司  ・星の童話集/宮沢 賢治

・雪沼とその周辺/堀江 敏幸  ・ドグラ マグラ 夢野久作傑作選ⅵ/夢野 久作

・トロイの月/原 マスミ      ・絵のない絵本/アンデルセン

・羊男のクリスマス/村上 春樹・佐々木 マキ

・モモ/ミヒャエル・エンデ     ・バビロンの流れのほとりにて/森 有正

・暮しの手帖69 冬 1980

・ねびえ/毛利 子来・堀内 誠一 ・ムーミン谷の仲間たち/トーベ・ヤンソン

・セリーヌの作品1 夜の果てへの旅/ルイス=フェルディナント・セリーヌ

・雪のひとひら/ポール・ギャリコ  ・エンピツ画の風景/安西 水丸

・一枚のキルト/増田 れい子   ・朝ごはんの空気を見つけにいく/堀井 和子

・アリスの国の不思議なお料理/ジョン・フィッシャー  ・空想工房/安野 光雅

・犬が星見た/武田 百合子  ・小説家の休暇/三島 由紀夫

・ニュークリア・エイジ/ティム・オブライアン  ・冷血/カポーティ

・ギリシア・ローマの神話/吉田 敦彦  ・私という運命について/白石 一文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。