10/18-21 うさとの服展 秋

 

ぐぐっと寒くなってきましたね〜。

秋から冬へ向かう野菜たちはなんとも元気一杯。

 

毎年楽しみな橋本農園の自然栽培長ネギも初入荷。

柔らかな葉付き人参も最盛期!葉も丸ごと食べられる嬉しい季節。

 

 

秋も深まる10月は

体を暖かくつつんでくれる衣の展示会を開催します。

 

 

・・・・・・・・・・
綿を育て、手つむぎ、手染め、手織りの手作りの服。

大事に大事に着たい、自然の恵みと人々の手仕事から生まれる

自然素材の服をご紹介させていただきます。

「うさとの服展・秋」
1 0月18〜21日 11:00−18:00 最終日は15:00まで
会場 サンデールーム2Fスペース
前橋市千代田町5-4-2 
027-231-5600

 

サンデールームでは長年展示会をさせていただいているうさとの服。

優しく、強く、暖かな着心地にスタッフも日頃愛用してます。

 

うさとの定番ムササビパンツ。
どんな動きも自由自在で美しく、やっぱり魅力的なパンツです。


ヘンプのトップスは、今年、奄美大島の泥染めで染め直しました。

生地にハリが出てまるで蘇ったかのよう。また長ーく愛用できそうです。 。

 

もう何年も前から着てるシャツです。
シンプルだけど、襟元のデザインできっちり見せてくれるのでとっても重宝しています。
こちらはヘンプ50%コットン50%の生成りの生地。
 

ヘンプとコットンの混ざった生地は、強さや優しさ、しなやかさやハリなどなど、

両方のいろんな良さが重なって、交わって・・手織りされた生地の愛おしさ。

細部まで丁寧に作られていて、大事に着ようという思いが湧いてきます。

 

 

エプロン。
リアル過ぎる普段着ですが、とてもお気に入りのうさとの服です。
いっぱい入るポケットがとっても便利で。お仕事以外にもずっと着ていたいほど。

鮮やかな藍染は身につけると気持ちが引き締まります。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

みなさんそれぞれのお気に入りと出会いがきっとあると思います!

どうぞゆっくりと探しにお出かけくださいね。

ご来場、こころよりお待ちしております。