群馬県渋川市 牧和弥さんの畑へ

 

群馬県渋川市、就農して2年目になる自然栽培農家の

牧和弥さんの畑をたずねました。

 

畑は山間部にあるので、気温が平地よりも3度くらい低く、

野菜の育つスピードがややゆっくり。苗の段階の春先の気温差が

今になって、こうも違いがでてくるのかと、私もあらためて

びっくりしました。畑のようすから、これからが夏野菜本番!

という感じ。

 

ミニトマト、大豊作。

ハウスでないので味がやや薄いかな〜と牧さん。

 

たしかに味はうすめです。

ここで肥料を入れれば、味は簡単に濃くなります。

でも、自然栽培は肥料をつかいません。化学肥料だけでなく

有機肥料(動物性堆肥、米ぬか、油かすなど)も施しません。

 

自然栽培2年目、牧さんのトマト。来年はどんな味になるか?

 

自家採種をつづけ、土作りに取り組み、来年再来年の味の変化も

楽しみです。ただ、今年もだいぶ豊作ですので、トマトソースや

ケチャップ作らせていただこうかな〜。

 

 

群馬、埼玉では周辺では梅雨前にほぼ終わっていたズッキーニ!

終盤ですがまだありました。

 

 

ゴーヤも美しく、健やか。

 

 

ただいま、牧和弥さんの自然栽培野菜、お試し価格で販売中。

今後もわけていただくことになりそうです。みなさん、

どうぞよろしくお願いいたします。

 

また、吉岡町にある産直へも出荷しているそうですので

お近くの方はもしも、見つけたらお買い求めくださいね。