胡麻のアトリエ お話とごはん会

鳥取県米子市、大山の麓にある「胡麻のアトリエ」
自然栽培をとおして、人と大地の調和を思い描き、
地球が喜ぶおいしい社会活動を繰り広げています。

代表の丸瀬さんとは、2012年8月に群馬県富岡市でひらかれた
自然栽培普及会の夏の勉強会で初めてお会いしました。
当時、丸瀬さんは岩手県にある農園ウレシパモシリの研修生でした。
翌年、2013年に地元鳥取に帰り、自然栽培農家グループ
「胡麻のアトリエ」を立ち上げます。

ここでちょっと、丸瀬さんをご紹介します。

1985年生まれ、高校卒業とともに上京し、建築と鞄の製作を学んだ後、
渡欧。自転車で旅する鞄作家としてフィレンツェやウイーンを中心に
3年間活動する。
あるとき、「“今”という時間は多くの命に支えられている」ことを
つよく感じ、毎日当たり前に食べている野菜やお米などの一生を
あまりに知らないことに気づき、農業にいきつき、自然栽培と出会います。
自然栽培とは単なる農法のひとつでなく、その考え方に感銘をうけて、
自然栽培農家への道を決意することになったそうです。

12月9日(水)「胡麻のアトリエ」代表の丸瀬さんをお招きし、
自然栽培という考え方と食を味わっていただく会を開きます。

胡麻塩づくり、胡麻油しぼりのワークショップ、
スライドを交えたトークセッション、
そして、大山の麓で育まれた自然栽培のお米、麦、胡麻などの食材を
めいっぱい味わっていただく、お昼ごはんをご用意します。

胡麻のアトリエ お話とごはん会
12月9日(水)10:30~13:00
会場 サンデールーム2F
参加費 (お食事代込み・2500円前後)
お申し込みは店頭かお電話でお願いいたします。
027-231-5600

食材店KURAでお取り扱いさせていただいている
「胡麻のアトリエ」の農産物と加工品を紹介します。
ぜひこの機会にお手にとっていただけたらと思います。

◎お米 イセヒカリ 白米・玄米
・・・力強い美味しさ!とっても生き生きとしたきれいなお米です。

◎BARLEY Tea        六条大麦浅煎り麦茶
・・・・優しい味がお母さんたちに人気です。素敵なパッケージ、ギフトにも◎

◎ミエナイチカラ 金胡麻、天日湖塩、天然水を原材料に作られた胡麻塩
・・・ナッツみたいにそのまま食べてもおいしい!絶妙な浅煎り加減です。

◎キンノチカラ     藏にすむ天然の麹菌のみで仕込まれたお醤油「蔵のしずく」と
         自然栽培の米ぬか、金胡麻のみのオリジナルふりかけ。

・・・シンプル素材で深い味わい、新米のお供にぜひ!

◎金胡麻の玄米おかき  塩味・醤油味
・・・リピーターの多い、お米と胡麻の優しい味が詰まった逸品。携帯ごはんといった味わい。

◎黒田五寸人参   自家採種2年目
・・・すべすべの土で生まれた人参はお肌がびっくりする程しっとりつるつる。
   滑らかな食感とすっきりとした美味しさをぜひ!

  

今年の夏、KURAを訪ねてくれた丸瀬さん。
目の前のことにまっすぐまっすぐ、楽しそうに、一生懸命な姿に
元気をもらいました!

当日は星野がインタビュアーになっていろんなお話を
聞かせていただきます!
きらきらまっすぐな丸瀬さんに、ぜひ会いにきてくださいね。

皆様のご参加心よりお待ちしております。

星野充子