マリウス・ファーブル社のマルセイユ石けん

マリウス・ファーブル社のマルセイユ石けんのお取り扱いが始まりました。
その使い心地に魅せられ、いつがご紹介したいと思い続けていたので
念願かなって!の登場です。
1900年から地中海の最も古い製法を守って作られている
オリーブオイル石けんです。
弾力のあるきめ細かな泡立ち、使用後の気持ちよさも素晴らしく、
そして釜炊きならでは、薪火の香りがしっかりと染み込んでいて
作られる過程に思いを馳せることができます。

アレッポのせっけんが生まれるシリアなど
たくさんの石けん屋さんが並ぶ街では、
全身洗うのはもちろんのこと、お洗濯、台所にいたるまで、
すべて同じ石けんひとつで暮らしている家庭も多いそうです。

オイルも土地それぞれの魅力があって、使用感も個性があります。
その地の汚れは、その地のもので。
片付けまでも美しくとは、まさにこのことかなと思いますが、
これらの優れたオリーブ石けん、さすがに日本での生産は難しいですね。
できることは、こんなに素晴らしい石けんを作り続けていただけるように、
その国の皆さんの平和を祈ること! LOVE シリア!

食べ物を選ぶように、厳選された素材で作られたMOONSOAP。
ヘンプソープが入荷しました。
麻は農薬も肥料もいらず、ぐんぐん成長する生命力の非常に強い植物です。
きめ細かいクリーミーな泡立ちと、もっちりした洗いあがりはヘンプオイルならではです。

image

YOGISOAP
植物オイルやスパイスの恵みで、心や体のマッサージソープです。
お仕事場や、車の中、箪笥の引き出し、
芳香剤のように置いて、ふとした時に香ったり、思いっきりクンクン嗅いでみたり。
そんな使い方もおすすめ。

image

WORDSOAP
地域や都市にインスピレーションを受けて作られた石けんたち。
生命の源である種から絞られた貴重なオイルが、頭からつま先まで
気持ちよく洗いあげます。全7都市!

image

この時期おすすめなのは「シャンハイ」
柔軟で清潔な肌にみちびくアーモンドオイルをたっぷり使っています。
清涼感のあるペパーミントが、蒸し暑い時期のお風呂タイムには
なんとも心地よい香りです。

image

そして、こちらも定番人気のシャボン玉せっけん。
熟練の技が必要な釜炊き製法で作られています。
杜氏がお酒を仕込むように、職人が丁寧に丁寧に作ります。
本当にぺろっと味見して、仕上がりを確認するそうです。

image

リンスは、使う人もいれば、使わない人もいますが、
石けんで髪を洗うと、ギシギシ感があるという方はぜひ使ってみてください。

石けんシャンプーのリンスは、トリートメントのようなものではなく、
石けんのきしみを和らげるという働きがあります。
アルカリ(石けん)に酸(リンス)で中和してくバランスをとって
健やかな状態にしてくれるのです。
しゃぼん玉せっけんのリンスは万能でおすすめですが、
クエン酸を使って手作りするのもいいですね。
私もたまにエッセンシャルオイルを入れて楽しんでいます。
MOONSOAPのリンスは、少量づつ溶かして使うのですが
これでなんと半年分です!

image

石けんは、洗い流す身体がすっきりするだけでなく、
暮らし全体がシンプルに、すっきりしますよ。
ぜひお試し下さい。

サンデールーム2階スペースでは夏服展も開催中です。
どうぞお出かけ下さいませ。

夏服展
素材を生かした風が通りぬけるような着心地に、
美しさと軽やかさをちりばめた服たち。展示会では

3人の女性デザイナーによる、3つのブランドを
ご紹介します。

日時 6月25日~7月11日(日曜日はお休み)
   11:00~18:00   (土曜日は14:00まで)
場所 サンデールーム 2階スペース

 
リトルイーグル                 アトリエマニス

出仙美秋