春!靴下入荷しました。

昨日、今日と、とても暖かな前橋です。

冷え取りっ子としては、まずは上を脱ぐ!
ということで思いきって2枚脱ぎました。
まるでお花見の頃の格好ですが
ぜーんぜん寒くなかったですね。
久しぶりの暖かさに身も心もほっとしました。
きっとまだ束の間の暖かさだけどとても嬉しいです。

大雪の中でじっと待っていてくれた
磯貝さんの小松菜も再入荷しました。
自然栽培、自家採種の生き生きとしたエネルギーをぜひご賞味ください!

photo:05


03wearコーナーでは春らしい靴下もたくさん入荷しました。

photo:01



オーガニックコットン靴下。
しっとりとした優しい心地のオーガニックコットンを
さらにゆったり編み上げた靴下です。
重ね履きのカバーソックスにも最適!

photo:02



ふわふわシルクの靴下。
けしてキツくはないですが、1枚でもきちんとフィットする靴下です。
暑いときも寒いときも心地良いシルクは、
様々な気候や状況と、わたしたちの体を調和をしてくれる素材だなあと思っています。

photo:06



こちらもシルク!
ざっくり編んでいるのでカバーソックスにオススメです。
シックなお色、きれいな光沢もあり、
春のお出かけにも良いですよ。
会社でも履けるー!と好評です。

photo:07



こちらも大人気のあしごろもシリーズ、たくさん入荷しました。
かつて一度も農薬が使われていない畑で育ったオーガニックコットンです。種まきから収穫まですべて手作業。
糸くるまを使い紡がれた糸を使って編み上げています。
と、ブログだと簡単な説明を心がけるのでつい短くなってしまいますが、
うさとの服もそうですが、
いまこの時代に、このような商品をお金で買えることって
奇跡みたいだなあとつくづく思っています。

実際、わたしたちが日本で綿花の畑を目にすることはありません。
でも綿花は食べものと同じ農作物です。
衣服は素敵であることも大切ですが、食べものと同様の視点を持つことも大切だと思います。

どこで誰が作っているのか。
どのような栽培をしているのか。
どのようにして糸になり、
どのようにして布になるのか。
どのような工程でカラフルな布製品になるのか。

肌着、タオル、シーツ、お洋服。
毎日、たくさんの綿製品に囲まれていますが、綿のことって案外知らないものです。
いろいろ調べてみると興味深いですよー!

出仙美秋