自分で治る力

しんしんとつめたい冬の京都で
今回ご縁をいただき、お仕事に行って参りました。

お会いした方々の陽気なエネルギーと、一日限りの
サンデールーム京都店に場を提供してくださった、
いるだけでなぜか身体が楽になってしまうスペース、
「下鴨亭」さんのおかげで、3日間のハードスケジュールを
とても楽しく、最高に心地よく過ごすこと、できました。
ありがとうございました。

前日の大雪もあったので、靴下とスパッツの重ね履きを
いつも以上に強化していったのもよかったかな~と
思っています。足下をあたためると、身体が本当に楽!です。

風邪も流行っているようですが、安易に薬に頼らずに、
身体の浄化作用と捉えて、いい感じで過ぎ去るのを待つこと。
冷えとりの考え方にもつながっています。

昨夜のナチュラルライフセミナー後、あるお客さまに
「インフルエンザにかかって、数日何も食べられなかったんです。
治りかけの頃、サンデールームのごはんを食べたいと思って、
お弁当を買いに行き、食べたらそのままスッと治ってしまったの」
と、何ともうれしいことを言われました。

以前から、サンデールームのごはんを食べるとスッキリする、
リセットされる、浄化されたような気持ちになる、元気になると
いうことを言われることがあり、何でだろうな?とぼんやりと
思っていましたが、最近そういう声も多くなってきているみたいです。

さて、今日明日はお弁当の日。
しんしんとつめたい空気の中で育った野菜を今日もシンプルに
お料理したいと思います。どうぞお召し上がりください。

星野充子