東北産地めぐり

自然栽培全国普及会の岩手県の勉強会に行ってきました。
岩手県の若い農家さんの集まりで、とてもフレッシュで、
未来へつながる種がまたひとつ蒔かれたような気持ちのよい
勉強会でした。

写真は、ふわふわした毛がついてる細かい種が長人参、
こちらは盛岡市で自然栽培農家であり、自家採取した種を
交換するネットワークの呼びかけをしている、
コズミックシードの田村さんからわけていただいたもの。

そして、その右側が在来種である細長インゲンです。
奥に見えるのがそのさや。こちらは岩手県の東和町にある
ウレシパモシリ農園の酒匂さんからわけていただきました。

酒匂さんは、自然栽培に取り組みながら、
穀物ではなくて、豚が本来好きな草を飼料にし、
どろんこ遊びなど、豚さんが喜ぶような環境で飼育し、
そのお肉も出荷されています。

こういうお肉だったら、たまには食べてみたいなあ。
先日訪ねた中洞牧場で思ったことと同じですね。

今回はもうひとつ、感動的なシーンがありました。

福島県の果樹農家さんの無肥料、無農薬のりんごです。
たわわに実って、ほんのり色もつきはじめていました。

群馬県のりんご農家さんに「無農薬のりんご育てて~」と
ついついかるく言っては、
「経営の事を考えたら無理です。木村さんだからできる
特別なことなんですよ」といつも一蹴されているので、
私の生きているうちに、無農薬のりんごをふつうに食べることが
できる日は無理かな~とあきらめていたものですから、
今回のこのシーンは大感激!でした。

ご苦労はおありだとは思いますが、目の前に
奇跡ではなく!無農薬のりんごが実っているという
喜びにしばし浸りつつ、いつか群馬県でもできたら・・・
と新たな夢、ふくらみはじめております。

興味持っていただけた群馬県のりんご農家さん、
いらっしゃいませんか。自然栽培を一緒に学びませんか。
心からお待ちしております!

星野充子