ボナぺペッパー

サンデー日記

グアムの南東にあるポナペ島から
無農薬、無化学肥料、手間と時間をかけて栽培されている胡椒です。

その名もボナぺペッパー、島の名前が由来です。

ポナペペッパーは、香りと風味の素晴らしさから世界的に知られています。
通常、胡椒は年に一度しか収穫できませんが、ポナペ島の場合は、

太陽とその湿度のおかげで、一年中胡椒の花が咲き実をつけるため、

年に数度の収穫ができます。 そのため、次々と新鮮な状態のものを

出荷できます。そして、ポナペ島の高温多湿の環境は、

胡椒の中にある香りの揮発成分を逃しません。
だから香りと風味が残っているのです。

ポナペペッパーのブラックペッパーは、実が熟しきらない青いうちに摘み取って、

数日間天日乾燥させることで、 スパイシーな香ばしさとブラックペッパーの

ピリッとした爽やかな辛さを引き出します。

胡椒などのスパイスの多くは輸入のものに頼っていますが、

その際に放射線照射をされているものもありますのでその点も

選ぶときの基準としてお持ちになるとよいと思います。

カレーなどスパイスが活躍する夏のお料理ですが、輸入食材の

背景にもぜひ目を向け、おいしくて健やかな食卓をつくることが出来たら

いいですね。