遺伝子組み換え作物について

おはようございます。

例年より早めの梅雨入りで、涼しい6月を迎えました。

作物にはいいお湿りですが、太陽の光もほしいです。

今年の夏はどんな夏になるのでしょうね。

毎日いろいろなことがあり、いつになれば落ち着くのだろと

思ったりもしますが、今はとにかく、

日本が、いえいえ世界が、う~ん、地球が?

もしかして私が?(というよりみんなひとりひとりが)

大変換な時代に突入したのね、ここをどう生きていくかで

未来も変わるのだろうな~とも感じます。

同じように考えているよという方々も多く、大変ではあるけれど

逆に言えば臨場感があり楽しいことや喜び、幸せも大きく感じる

日々の連続、今月も一所懸命生きていきましょうね!

さっそくですがこんな知らせが飛び込んできました。

もう実際に行動されている方もいらっしゃると思いますが、

食に関するショッキングな内容です。

農林水産省より、遺伝子組み換え作物に関して、

パブリックコメントを募集しています。

http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouan/110523.html

今から1週間くらい前にこの知らせを聞き、驚きのあまり

いったいどうしたらいいのやらとあたふたしながらも、

今まで学んできたことを思い返しをしているところです。

私の力ではなぜ遺伝子組み換え作物がいけないのか、

危険なのかを感覚的にはわかっていても

理論的に説明ができずにもどかしく思っています。

同じように感じている子供を持つお母さんたち、

安全な食を求める人たちと意見を交換していますが、

大手メディアが取り上げることなく、国民に知らされることなく、

これほど大事になことが決まっていいのでしょうか。

多くの人の反対の声が上がらない限りはこのことは

近いうちに承認され、遺伝子組み換え作物が日本国内でも

栽培されることになってしまうことが危惧されます。

パブリックコメントの募集期間の締め切りまであと3週間ですが、

出来る限り、情報収集したものをブログを通して発信していこうと

思います。判断の材料としてご覧いただければと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。