ヘンプの可能性

先日、朝日新聞にヘンプの靴下が健康にいいという

記事が載ったというお話を聞きました。

ヘンプとは麻の種類のひとつで、大麻のことです。

悪いイメージのある大麻ですが、実は伊勢神宮のしめなわや

家庭での畳、食べ物では七味にも使われています。

サンデールームでも麻の実ナッツを料理に使います。

インターネットで調べてみたらヘンプオイルで車を走らせたり、

プラスチックを作ったり、麻を使って化石エネルギーに頼らない

世界をつくろうという、中山康直さんという方がいました。

麻に関する本も出しています。

出版記念パーティーの映像があり、「水は何でも知っている」の

著書である江本勝さんがこう言っていました。

「福島の警戒区域に大麻を植えて浄化しよう」

私も実は同じように思っていました。

うさとのデザイナー、さとううさぶろうさんに麻はすごいエネルギーが

あって、農薬を使わないし、成長が早く、土地の浄化能力もあると

聞いてはいたので、ひまわりや菜種を植えるよりも麻のほうが

手っ取り早いのではないかなという感じで。

法律があるので難しいでしょうが、きっと警戒区域には

人は入れないので麻を育てればいいのに・・・って。

今年の夏は節電モードで今から扇風機が売れているそうですが、

同時に衣類や寝具なども少しでも涼しく、気持ちよく過ごせるようにと

麻素材にも人気が高まっているようです。

実際、麻のシーツや保多織のシーツは肌にさらっとしていて

夏も涼しく感じますし、洋服も同じです。もうすぐ、

サンデールームでもうさとの服展がはじまります。

どんな服が届くのか、今から楽しみで仕方がありません。