放射性物質を考える

薬を出さず検査もしないという珍しいお医者さん、

三好基晴先生の「放射性物質の真実」というセミナーへ

行ってきました。

放射性物質の基本の話からはじまり、大手メディアでの

わかりにくい物言い(わざとわからなくする手口)に騙されない聞き方、

放射能以外にあふれる化学物質のこと、

そして真実はだれも未だわからないということ・・・・などなど。

放射性物質の問題は本当に深刻。

これからもう二度とこのような問題が起きないようにライフスタイルの

見直しをすること、夏に向けての省エネルギーなども含めて、

便利すぎた生活を反省し、それと同時に、食糧の自給のこと、

地域の農業のこと、農薬や肥料、食品添加物や化学物質のこともきちんと考え、

選択しないと大変ですよという内容のお話もありました。

新聞やテレビからしか情報を得ていない人と

インターネットからしか情報を得ていない人との間にすごーく

大きな差ができていて、今回の事故はまさにその差が歴然。

メディアの嘘はあるとしても、インターネットの情報ばかりが正しいとは

決して言えない。なので、ますます真実はわからない。

たとえば、がんやその他の病気も原因をつきとめることは

難しいから、この先5年10年たっても、きっと真実はわからない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・ということで「放射性物質の真実」という

セミナーのテーマでありますが真実は人によって違うというように

私は解釈して帰ってきました。

以上、報告終わりです。残りの連休もよい日々を!