立春

サンデー日記

立春をむかえる頃の床の間のしつらえが好きです。

3月のお節句を思わせる、かわいらしい娘さんのお軸に、

この時期ならではの枝だものが映えます。

昨日は節分の新月で、旧暦の元旦。お客様からもメッセージや

ごあいさつをいただき、とてもありがたく、こういう節目を意識して

行動をしている人、意識していないけれど流れにのっている人が

とても多いことに、驚く日でもありました。

いよいよ今年の本格的な始まりに、わくわく気分いっぱいです。

サンデー日記

今夜はひとりの夕食、一日遅れの節分ごはん。

残りごはんを蒸かしている間に、鰯の丸干しを焼いて、

ほうれん草蒸して、大根おろしを用意。

奥にのぞいているのは、サンデールームのお惣菜セット、

今日ひとつ残っていたので家に持ち帰り食べてみたら、とても重宝しました。

明日は大人のための食育講座 第2回目です。

先ほどすぎな農園の竹渕さんから届いたテキストを読み、

感慨深い気持ちになりました。平飼い有精卵とはどんな卵か?

言葉だけの理解ではなく、体にいいとかでもなく、いのちの話になりそうです。

生産者から直接お話を聞けることは今の時代、とても貴重なことで、

サンデールームのスタッフも前回同様にとても楽しみにしています。

定員に余裕があるので当日参加も歓迎、お待ちしております。