保多織りのシーツ

昨年の冬にleconの村井さんとのイベントで

「ふんわりふわふわここちよい眠り展」を開催しました。

そのときに、サンデールームで初めてご紹介したのが

こちらの保多織りのシーツ。

           サンデー日記
                
    

起毛があるわけでもネル素材でふうあいがやわらかいわけでも

ないのですが、保多織りというかれこれ江戸時代から伝わる

伝統的な織り方で出来たこのシーツは立体的な織りなので

肌に直接つかず、空気をふくむので夏はさらっとして気持ちいいし、

冬はお布団にはいったときにひやっとない、四季をとわずに使える

心地よいシーツなのです。

上質な麻のシーツ並みの四季を問わない使い心地と洗いやすさ、

でも上質な麻のシーツよりお値段は4分の1くらいなので、

私は今のところこのシーツが使いやすさが一番と思っています。

サンデー日記

今では香川県に一社となってしまった手作りのものなので、

まとめて入荷したときだけの販売でして、

ただいま店頭に並べてあるだけになりました。

セミダブル(シングルベッド用)、シングル、枕カバーのみ。

水色、ピンク、白の3色です。

ぜひ、手にとってご覧下さいませ。 mico☆